葬儀の際のお作法情報

新着情報

葬儀の際の心づけはどこまで? 

葬儀の際お葬式の費用とは別に、用意をしなくてはいけないプラスでかかる費用が心づけです。平たく言うと、お葬式を手伝ってくれた皆様への感謝の気持ちを表すお金のことで、感謝の度合いにより多少金額は変化します。また地域によっても渡すところとそうでないところがありますので、事前に地元の方や葬祭社の方など、地域性をご存知の方に聞いておくとよいでしょう。心づけはあなたの気持ちなので、どのぐらいの人に渡すか、また渡さないという選択肢もあります。一般的には葬儀を手伝ってくれた方全般にお渡しをする方が多いようです。運転手さんやお手伝いをしてくれたご近所の方など感謝の気持ちを伝えたい方に不祝儀袋に入れてお渡ししましょう。

さりげなく渡すのが心づけです 

葬儀のときは、大勢の人が出入りをしてお手伝いをしてくれます。そして、自分達も時間に追われて忙しいのでキチンとしたお礼もいうことができません。そんな時は、お世話になった方々に、あとから心づけを渡すのがマナーです。やはり、相手も忙しい中、自分達の葬儀の手伝いに駆けつけてくれたのですから、それ相応のお礼は必要です。人は、悲しい時や辛い時に、手伝いや助けをしてもらうと本当にうれしいものです。その気持ちを伝える意味でも心付けは大きなものです。無事に、全てが終わったら改めて、お礼に伺うことが大切になります。

茎